東銀座の特許事務所「クロスリンク特許事務所」のヤマダです。

http://www.xlinkpat.jp/

 

アイデアマンの若社長はどうやってたくさんの発明を生み出したのか

以前、勤務していた事務所の最上階に、
アイデアマンの若社長がいらっしゃいました。

たった一人で50件近くの発明を出願し、
そのうち約20件は特許になっています。

どうすればこの若社長のように、
たくさんのアイデアを生み出し、
特許化することができるのでしょうか?

若社長の行動パターンから発明のコツを探ってみました。

 

若社長は「こうなったらいいのに」をたくさんストックしていた

若社長の会社は美容用品や理容用品を製造販売しています。

そして、日頃の業務の中で、
漠然とした願望(「こうなったらいいのに」)を
たくさんストックしていました。

例えば、

「両手が塞がっていても、
シャワーの水量が調節できたらいいのに。」とか。

「下手くそな美容師でもうまく巻ける
パーマロッドがあればいいのに。」とか。

 

「こうなったらいいのに」は発明の種になる

これらは、一見、突飛な発想です。
単なる願望にすぎず、発明とは言えません。

それでも、こういう願望は発明の種になります。
ある日、突然、花が開くことがあるのです。

実際、若社長は庭で水撒きをしている時に、
新しいシャワーの仕組みをパッとひらめきました。

水撒きをする時に、ホースの先端を押し潰すと、
水が勢い良く吹き出しますよね。

その様子を見て、

・ シャワーヘッドをゴムのような簡単に変形する素材で作る
・ シャワーの穴の一部をスリット(切り込み)状にして、
シャワーヘッドを握ると、スリット状の穴が塞がるようにする
・ 塞がっていないシャワーの穴から勢い良く水が吹き出す

という仕組みを思いつきました。

この仕組みなら、両手が塞がっていても、
シャワーの水量を簡単に調節できますね。

 

まとめ

「こうなったらいいのに(単なる願望)」は、
ある日、突然、別のアイデアと結びついて、
「こうすればできる(発明)」に変化することがあります。

日頃、たくさんの「こうなったらいいのに」を
ストックしておく。

これが、たくさんの発明を生み出すコツのようです。

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスリンク特許事務所
弁理士 山田 龍也(やまだ たつや)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
webサイト: http://www.xlinkpat.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/xlinkpat
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
―――――――――――――――――――――――――

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!