東銀座の特許事務所「クロスリンク特許事務所」のヤマダです。

http://www.xlinkpat.jp/

 

家電量販店に行ってきました

家電量販店で色々な新製品の説明をしてもらうのが大好きなヤマダです。

先週末もアキバの某家電量販店に行って、
bluetoothイヤホンとコンパクトデジカメの説明を聞いてきました。

ただ、オーディオ売り場のお兄さんと、カメラ売り場のお兄さん。
この2人の説明には圧倒的な差がありました。

「もしも、この2人が特許相談に来たとしたら…」

そんな目線で2人の説明を聞き比べていました。

さて、特許相談で得しそうなのは、
オーディオ売り場のお兄さんでしょうか?
それともカメラ売り場のお兄さんでしょうか?

 

まずはオーディオ売り場へ

bluetoothイヤホンを眺めていると、
つかつかと近づいてきたオーディオ売り場のお兄さん。

「どんなイヤホンをお探しですか?」

今まで使っていたイヤホンが壊れてしまったこと、
主に移動中に使うので、動いても外れないものがよいこと、
眼鏡をかけるので、できれば耳掛け式でないものがよいこと、を伝えたところ、

「それならスポーツ用がいいと思います。」
「スポーツ用ならこれ一択です。」
「音もバッテリーの持ちもいいですよ。」

 

他におススメがあるか聞いたところ、

「ないですねぇ。これがダントツです!」

 

続いてカメラ売り場へ

色々なカメラをあれこれ眺めていると、
「ご説明しましょうか?」と登場したカメラ売り場のお兄さん。

「これが最新モデルなのでおススメです。」

「隣のモデルと画素数は殆ど同じなんですけど、
こちらは光学ズームが40倍。隣のは4倍です。
だいぶ違いますよ。試してみますか?」

 

特許相談で得しそうなのは?

ダントツで、カメラ売り場のお兄さんです!

こういう説明なら特許相談に行っても、
弁理士さんにうまく発明の内容を伝えられそうです。

弁理士さんも発明を十分に理解することができて、
いい出願書類を書いてくれるので、絶対にお得です(笑)

カメラ売り場のお兄さんがよかった点は2つあります。

 

よかった点(その1)

まず、2つのカメラを比べながら説明していた点、です。

カメラ売り場のお兄さんは、
隣のカメラと比べながら説明することで、
新製品の特徴や良さをうまく表現していました。

実は、このやり方、「対比」といいます。

特許庁の審査官も、

・従来の技術と、出願された発明を並べて(対比して)みて、
構造的にどこが違うのか。
・構造が違うことによって、性能はどう違ってくるのか。
・それらの違いを思いつくのは簡単なのか。

そんな見方で特許の審査をしています。

 

特許では、この「対比」という考え方が非常に重要です。
他の製品と「対比」することによって、
初めて自分の製品の良さや特徴が浮き彫りになるのです。

 

オーディオ売り場のお兄さんは、
イチ推しのイヤホンだけ説明して対比をしませんでした。

これだと、実際にそのイヤホンが良い製品だったとしても比較の対象がないために、
その製品の良さや特徴が見えにくくなってしまいます。

 

よかった点(その2)

数値を使って説明していた点、です。

カメラ売り場のお兄さんは光学ズームについて、
「40倍」、「4倍」という具体的な数値を出して説明していました。

数字というのは具体的で、しかも客観的なデータなので、
説明に説得力を持たせたり、インパクトを与えることに役立ちます。

発明相談の時も、
ただただ、自分の発明が素晴らしいというだけでは、
弁理士さんに「ホンマかいな?」と疑念を持たれてしまいます(笑)

そこは数値を使って説明に迫力を出していきましょう!

 

オーディオ売り場のお兄さんは、
単に「バッテリーの持ちがよい。」としか言っていませんでした。

「連続使用で8時間もちます」と説明すれば、
もっと説得力のある説明になっていたかもしれませんね。

 

まとめ

以上、説明したように、発明品を説明するときは、

(1)似たものと対比する。
(2)数値を挙げて説明する。

ということが大事です。

カメラ売り場のお兄さんがお手本ですよ!

 

関連記事

以下の記事もおススメです。

コラム#14【発明やアイデアの内容をうまく伝えるためには】

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスリンク特許事務所
弁理士 山田 龍也(やまだ たつや)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
webサイト: http://www.xlinkpat.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/xlinkpat
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
―――――――――――――――――――――――――

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!