クロスリンク特許事務所(銀座・東銀座・新橋)のヤマダです。

はじめに

昨日、弁護士・弁理士の鮫島正洋先生の講演を聴いてきました。講演の中で印象的だった内容をまとめてみました!

必須特許は製品市場に参入するための条件である

必須特許とは、ある製品を作る時に使わざるを得ない特許のことです。必須特許が1つでも欠ければその製品は作れません。

大事なのはたった1つでもいいから必須特許を取ることです。必須特許を持つことで、他の特許権者はあなたに対して特許権を行使し難くなります。あなたからカウンターで特許権を行使をされると、製品を作れなくなってしまうからです。

逆に、非必須の特許をいくら沢山持っていても、殆ど意味はありません。非必須特許が欠けても、代替技術によって製品を作ることができるからです。必須特許権者は何のためらいもなく、あなたに対して特許権を行使し、あなたを市場から追い出すでしょう。

製品市場は必須特許を持ち合う者同士で形成されています。言い換えれば、必須特許はその製品の市場に参入するための条件なのです。

参考:必須特許取得の考え方(知財弁護士.COM)

オススメの記事

ご一緒にこんな記事はいかがですか?




 

ブログランキングに参加しています!
この記事が気に入ったら、下のバナーをクリックしてください! 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ  

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。

面談は、初回2時間まで無料です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!