東銀座の特許事務所「クロスリンク特許事務所」のヤマダです。

http://www.xlinkpat.jp/

 

UEFA CL 2006/07 セルティック vs マンチェスターU

試合は後半へ

後半開始と同時に、セルティックのマネージャー ゴードン・ストラカンが動いた。
早い時間帯での2枚替え。
突破力のあるショーン・マロニーを投入し、中村を本来のポジション、右サイドに戻す。これが功を奏し、一瞬、セルティックの攻撃が活気づいたように見えた。しかし、主導権を奪うまでには至らず、再び攻撃は沈黙する。

一方のユナイテッドも攻め疲れたのか攻撃の精度を欠く場面が増えていく。
圧倒的にボールを保持しているにも拘らずイージーなミスを繰り返し、フィニッシュまで持ち込むことができない。

 

お互いに攻め手を欠く展開の中、試合が動いたのは後半残り10分。
ユナイテッドのネマニャ・ビディッチがゴール前で痛恨のファウルを犯し、セルティックにフリーキックを与えてしまう。

キッカーは勿論、中村俊輔。
ゴール前やや右。距離は約30メートル。

ユナイテッドのゴールキーパー ファン・デル・サールは2週間前のことを思い出したに違いない。
あの時のフリーキックとほぼ同じ位置だったからだ。

 

静かにボールをセットし、5歩、6歩と後ろに下がる中村。
軽い助走から左足で強くインパクトされたボールは鋭く弧を描き、名手ファン・デル・サールが必死に差し出す左手の指先をかすめるようにゴール右上に突き刺さった。

ゴール!

2週間前と同じニアサイドを狙ったボールは更に厳しいコースを突いた。
このコースは頭に入っていたはずのファン・デル・サールも全くのノーチャンス。ここしかないという絶妙なコースを突いたファインゴールだった。

 

胸のエンブレムを誇示しながらスタンドのサポーターに駆け寄る中村。
力を込めて拳を振り上げる。
普段、冷静な彼がここまで感情を露わにするのはあまり見たことがない。
それだけの価値があるゴールだった。

 

歓喜の瞬間

この時のスタジアムの雰囲気をどう伝えればいいのだろう。
おそらく言葉でも映像でも伝えることはできないと思う。

その場に居合わせた人だけが感じられるあの雰囲気。

 

一瞬の静寂の後、堰を切ったような大歓声とざわめき。
そこかしこで行われるハイタッチやハグ。
僕の肩を後ろから叩き、笑顔でサムアップする人もいる。

「やったな!日本人!!」

言葉はわからなくても、数万人の人が同じ感情を共有しているのがわかる。
こんなことは一生のうちで何度もないだろう。

しばらくその興奮が収まることはなく、ただ呆然とピッチを見つめていた。

 

試合終了間際、相手に与えてしまったペナルティキックも、この日、大当たりのボルッツがストップしてゲームセット。

1-0で勝利したセルティックはグループステージを突破。
最終戦を待つことなく、CLで初の16強入りを果たした。

中村のFKでセルティック初の16強

引用元:UEFA.com
掲載:2006年11月22日(水), 0.55CET

中村俊輔伝説 今もグラスゴーで語り継がれる、2本のフリーキックの奇跡
text by Masatoshi Mori

引用元:Football ZONE web

 

追記

この日のために購入した新品のデジタルカメラは初期不良で全く使い物にならなかった。
試合の写真は一枚も残っていない。

でも、今思い返してみると、
「この試合はレンズを通さず、自分の眼に直接焼き付けておきなさい。」

そんな、神様の思し召しだったのかもしれないと思っている。

 

関連記事

2006.11.21 僕はグラスゴーであの伝説のフリーキックを見た(前編)

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスリンク特許事務所
弁理士 山田 龍也(やまだ たつや)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
webサイト: http://www.xlinkpat.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/xlinkpat
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
―――――――――――――――――――――――――

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!