東銀座の特許事務所「クロスリンク特許事務所」のヤマダです。

http://www.xlinkpat.jp/

 

ちょっと読みにくい資料があります

今日はお客様から送られてきたデータを分析していました。

特許の仕事をしていると、お客様とたくさんの資料をやり取りします。
中には、「ちょっと読みにくいなぁ」と思う資料もあるんですよね。

今日は弁理士に送る資料づくりで一工夫して欲しいポイントについてお話しします。

 

資料作りには手を抜かない方がいい

発明者の方々は研究開発に忙しい。
特許のことばかりに時間を割けるわけではありません。

弁理士に送る資料にもあまり手間を掛けたくない。

そうすると、「社内資料をそのまま送ればいいか」ということになりがちです。

しかし!

社内資料をそのまま弁理士に送るというのはあまりおススメしません。

資料作りに手を抜くと、弁理士から色々と質問が返ってきて、
結局は時間を割くハメになるからです。

 

知識のレベル合わせをする

事務所弁理士は社外の人間です。

社内の人になら「あー。あれね!」と、すぐにわかってもらえるものでも、
社外の人にはそうはいきません。

そこは丁寧に説明して、知識のレベル合わせをする
というのが大事です。

 

化学系の案件だと、こんな例が多いです

化学系の案件で多いのは、略語、商品名、社内用語をそのまま使った資料です。
これらは具体的な中身が伝わりにくい、という問題があります。

略語に関しては、

・自分勝手な略語を作らない
・やむを得ず略語を使う場合は化学名との対応表を付ける

商品名に関しては、

・商品名に化学名を併記する
・その商品の内容がわかるカタログを添付する

等、してもらえると理解が容易になります。

 

一番困るのが、社内用語や現場用語です。

これは辞書で調べても出ていませんからね。
説明して頂くしかないです。

以前、セラミックの特許の仕事をしていた時に、
資料の中に「ホケ」という言葉が出てきました。

これは、現場用語のようで、

「セラミックの粉と水を混ぜて練り、粘土状にしたもの」

のことだそうです。

こういう言葉は現場にいる人じゃないとわかりませんよね(笑)

 

まとめ

ちょっとした一工夫、気遣いをして頂けるだけで、
弁理士の仕事は格段にスムーズになります。

掛けた手間の分はかならず還元します!

何卒、ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスリンク特許事務所
弁理士 山田 龍也(やまだ たつや)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
webサイト: http://www.xlinkpat.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/xlinkpat
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
―――――――――――――――――――――――――

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!