東銀座の特許事務所「クロスリンク特許事務所」のヤマダです。

http://www.xlinkpat.jp/

 

全ては20年前の7月1日に始まった

 

7月1日は弁理士の日!

 

昨日、7月1日はヤマダにとっても特別な日でした。

化学メーカーを退職して、特許事務所に入った日。
言い換えれば、特許の仕事を始めた日。

それが、平成8年の7月1日でした。

そう。
昨日で、特許業界デビュー20周年です(笑)

 

大学生の頃は研究にしか興味がなかった

大学生の頃は、特許なんて全く興味はありませんでした。

有機化学(有機合成)の研究室にいて、
毎日、フラスコを振って実験を繰り返していました。

「自分は社会人になっても、
ずっとこの仕事を続けて行くんだろう。」

そう思っていました。

研究室の他のメンバーもその殆どが、
大学で研究を続けるか、
メーカーに入って研究職につくか、
どちらかの道を考えていたはずです。

 

「ワイは弁理士になって金稼いだるんやーっ!」
そんなO君の言葉で弁理士という仕事を知った

ただ、たった一人。
全く違う考えの男がいたんです。
それは関西出身のO君。

彼はちょっと変わっていて、
公務員試験 ⇒ 特許庁入庁 ⇒ 試験の一部免除で弁理士

という道を目指していました。

 

「ワイは弁理士になって金稼いだるんやーっ!」

それが彼の口癖でした(笑)

 

「弁理士」という言葉を聞いたのは、
その時が初めてだったと思います。

当時は、

・弁理士は特許に関わる仕事であること
・難関の国家資格であること
・結構なお金を稼いでいる人がいること

をおぼろげにイメージできただけ。

何故、彼が研究の道を捨ててまで
弁理士になりたがっているのか、
全く理解することができませんでした。

 

研究職として煮詰まってしまった時、あの言葉が降りてきた

化学メーカーの研究室で

 

大学を卒業後、運良く化学メーカーの研究職として
就職することができました。

ただ、研究職の仕事は思っていたよりずっと大変で、
なかなか結果が出ないジリジリとした日々が続きました。

色々試してみたけれども、
あまりうまくはいきませんでした。

研究職としては、かなり煮詰まった状況でした。

 

一つの研究にある程度の目処がつき、
自分の将来についてボンヤリ考えていた時、
ふと、ある言葉が頭に降りてきました。

 

「ワイは弁理士になって金稼いだるんやーっ!」

O君のあの言葉でした。

 

弁理士…。

特許に関わる弁理士なら、
自分の技術的な知識を活かした仕事ができるかもしれない。

研究職として一流にはなれそうもない。
でも、やっぱり技術やモノづくりに関わっていたい。

モノづくり(技術)に、
特許(法律)という新たな柱を加えれば、
世の中の役に立てるかもしれない。

そんな思いがあって、
化学メーカーを退職し、
特許事務所の門を叩いたのです。

 

あの日から早20年…

残念ながら、特許業界に入っても順風満帆とはいきませんでした(苦笑)

要領が悪く、うまく仕事をさばけなかったり、
身体を壊して仕事も試験も休まなければならなかったり、
弁理士試験に合格するまで、足掛け15年もかかったり…。

それでも何とか続けてこれたのは、
寛容さと根気強さを併せ持つ人達に恵まれたから。

そう思っています。

 

仕事のスピードの面で問題を抱えていた時に、

「君のいいところは丁寧な仕事なんだから。
そこを伸ばしなさい。」

そう励ましてくれた先生。

 

我流の文章ばかり書いて伸び悩んでいた時期に、

「お前は嫌いだ。自分のことを見ているみたいで。」

そんな憎まれ口を叩きながら、
せっせと案文に赤を入れて指導してくれた先生。

 

なかなか弁理士試験に合格できず燻っていた頃に、

「ヤマダさんは知識は十分ある。
でも、論文の書き方がすごく悪い。」

そう言って弁理士試験合格への道を開いてくれた先生。

 

そんな周りの人達に支えられて20年。
何とか続けてくることができました。

この先、どこまで続けていけるのか、
先のことはわかりません。

それでも、誰かが自分のことを必要としてくれる限り、
この仕事を続けていきたい。

そう思っています。

 

おまけ

ところで、件のO君。

実は弁理士になっていません!

今も特許庁で働いているんですよね。
特許庁の方が居心地がいいみたいですよ(笑)

 

 

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
クロスリンク特許事務所
弁理士 山田 龍也(やまだ たつや)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
webサイト: http://www.xlinkpat.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/xlinkpat
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お問い合わせフォーム: http://xlinkpat.jp/contact/
お問い合わせは、随時、受け付けています。
面談は、初回2時間まで無料です。
―――――――――――――――――――――――――

東銀座「クロスリンク特許事務所」、弁理士のヤマダです。機械(構造)分野、化学(材料)分野を中心に、中小企業のモノづくりをサポートしています。
商品の企画・開発、商品の差別化戦略、特許取得その他の知財戦略、何でもご相談ください!