北海道・函館市で弁理士・特許事務所をお探しの企業様へ

この記事は北海道・函館市で弁理士・特許事務所をお探しの企業様に役立つ内容です。

特許事務所は東京・名古屋・大阪等の大都市圏に集中しています。
地方で弁理士や特許事務所を探すのはなかなか骨が折れるのではないでしょうか?

この記事では北海道・函館市を例に、弁理士・特許事務所探しの方法についてアドバイスします。

北海道・函館市の弁理士・特許事務所

特定の地域の弁理士・特許事務所を探す際には、「弁理士ナビ」という検索システムを使うと便利です。

弁理士ナビは日本弁理士会が提供する弁理士の検索システムです。
地域、相談内容、専門分野を指定して弁理士を検索することができます。

この弁理士ナビで北海道・函館市の弁理士・特許事務所を検索したところ、1件ヒットしました。

相澤正徳先生の経営する相澤特許事務所函館支所です。

相澤特許事務所函館支所

〒040-0011
北海道函館市本町13-11
TEL:070-1269-2646

もし、地元・函館市の弁理士・特許事務所をお探しの場合は、相澤先生の事務所が候補となるでしょう。

(追記)

以前、鶴見淳先生の経営する鶴見知財総合事務所が存在していたようです(函館市松陰町28-4)。
しかし、現在、事務所HP(http://tsurumi-ip.com/)にはアクセスできない状況です。
弁理士ナビでも、「鶴見淳」先生のお名前、「鶴見知財総合事務所」の存在を確認することができません。
弁理士をお辞めになったのかもしれませんね。

北海道・函館市の企業様・法人様をサポート可能な弁理士・特許事務所

函館市に拠点がなくても、函館市の企業や法人をサポートしてくれる弁理士や特許事務所もあります。
そのような弁理士・特許事務所を探してみるのも一つの方法です。

当所も東京都中央区銀座に拠点を有する特許事務所ですが、北海道函館市の企業様・法人様に対して弁理士業務を行っています。

中小企業の特許と商標登録・クロスリンク特許事務所

〒104-0061
東京都中央区銀座6-14-8 銀座石井ビル4F
TEL:03-6869-5012

当所でサポートしている函館市のクライアント様

現在、当所でサポートしているクライアント様は、

  • 株式会社 エスイーシー様
  • 社会福祉法人 函館愛育会様

の2箇所です。

株式会社エスイーシー様

株式会社エスイーシー様(函館市末広町22番1号)は、情報処理事業、情報通信事業を主たる事業として営む企業です。

当所ではエスイーシー様の商標権および特許権の取得手続きを代理しました。

商標登録第5939928号
商標「Jellafin」
指定商品・指定役務: 第3類 化学品;第17類 電気絶縁材;その他

特許第6162911号
発明の名称「オイルゲル、これを用いた電子機器保護用の耐圧材料およびオイルゲル形成剤」

「Jellafin」はエスイーシー様の水産海洋プロジェクトから生まれた製品で、水深1万mの高い水圧の中でも精密機械を守ることができる高性能の樹脂組成物です。

「Jellafin」は、

  • 令和元年度 北海道地方発明表彰「文部科学大臣賞」
  • 令和2年度 全国発明表彰「未来創造発明奨励賞」

を受賞しています。

当所は公益財団法人函館地域産業振興財団様(北海道立工業技術センター様)とも連携し、特許権取得に必要なデータ収集等を行いました。

社会福祉法人 函館愛育会様

函館愛育会様(函館市上湯川町45番29号)は、介護施設「特別養護老人ホームおおぞら」の運営をはじめとする社会福祉事業を行っている法人です。

当所では函館愛育会様の商標権の取得手続きを代理しました。

商標登録第6189947号
商標「ゆの香」
指定商品・指定役務: 第3類 化粧品;第29類 加工果実、第31類 果実、第32類 清涼飲料;第33類 果実酒;その他

商標「ゆの香」は「特別養護老人ホームおおぞら」内の天然温泉を原料とするオールインワンジェル(化粧品)等に用いられています。
このオールインワンジェル「ゆの香」は函館市のふるさと納税の返礼品にも採用されています。

ふるさとチョイス 北海道函館市 オールインワンジェル ゆの香

北海道・函館市の企業様が東京の弁理士・特許事務所を利用するメリット

エスイーシー様は独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)を通じたご紹介、函館愛育会様はエスイーシー様の案件でお世話になった北海道立工業技術センター様からのご紹介でサポートを行いました。

エスイーシー様を紹介された際には、何故、わざわざ東京の事務所をチョイスしたのかがわからず、

  • 札幌辺りに特許事務所はないんですか?
  • 何故、東京の事務所を使うんですか?

と、東京の特許事務所を使う理由をお尋ねしました。

すると、

  • 札幌までは特急で3時間以上かかる。飛行機で羽田まで飛んでしまった方が速い。
  • 北海道は弁理士・特許事務所が少ない。要望に合った弁理士を選ぶことができない。
  • 東京なら、多くの弁理士・特許事務所の中から、技術分野やサービスの特徴を選ぶことができて良い。

とお答え頂きました。

東京から函館にお伺いして打ち合わせということになると、交通費や宿泊費等を頂くことになります。
そうすると、企業様の費用負担が増えてしまいますよね。

しかし、現在ではzoom等のweb会議のシステムが充実しています。
私も必ずしも函館までお伺いしなくても、仕事は進められるというのが実感です。

まとめ

いかがでしたか?

北海道・函館市の企業様が弁理士・特許事務所をお探しの場合、

  • 地元・函館市の弁理士・特許事務所に依頼する
  • 函館市の企業様をサポート可能な弁理士・特許事務所に依頼する

という2通りの方法があることをご理解頂けたと思います。

貴社の目的に応じた方法で、弁理士・特許事務所を探してみてください!

  • 知的財産権(特許権・商標権等)の取得
  • 商品開発・企業ブランディング・商品名のネーミング等のコンサルティング
  • セミナー・研修講師のご依頼

については、お問い合せフォームからご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です